障がい児・者団体の紹介

障がい児・障がい団体のご紹介

内灘町には、障がいがある方の団体が4団体あります。団体の詳細・加入等については社会福祉協議会までお問合せください。

平成29年2月現在

団体名 会員数 内容
内灘町身体障害者部会 121名 目的:障害者の最大限の幸せを求め、会員相互の親睦・交流及び身体障害者の福祉の向上を図り、明るく社会生活を送れることを目的としています。
活動:ジョギング、グランドゴルフ、フライングディスク、カラオケ大会、忘年会、一泊旅行など行っています。
年会費:1,000円
内灘町手をつなぐ育成会 30名 目的:障害児(者)の幸福を守るため、その保護者ならびに関係者が緊密な連絡をとり助け合い、研修を行うことを目的としています。
活動:絵画教室(月1回)、キャンプ、クリスマス会、講習会など
年会費:2,000円
くれよんの会 12名 目的:障害児(者)と親が、より豊かで生き生きとした暮らしをするために、本人・親・支援者がお互いに親睦をはかり、協力し合い、援助することを目的とする。
活動:定例会(3ヶ月毎に保健センター1階で情報交換) 行事(花見、ぶどう狩り、宿泊体験、クリスマス会など)
年会費:1,000円(1家族)
内灘町肢体不自由児・者父母の会 9名 目的:肢体不自由児・者が幸せな生活を遅れるようにするために、情報交換、地域との交流など積極的に行動をすること。
活動:総会、バリアフリーチェック、新年会、講習会、研修旅行など
年会費:1,000円(1家族)
「Eye愛の会」~内灘町視覚障害児・者交流の会 10名 目的:視覚に障がいのある人たちが、地域で安心して暮らすことができるために必要なことを行う。
活動:情報交換、視覚障がいについての理解促進活動、交流行事(カラオケ会、バーベキューなど)
年会費:1,000円